野生のイルカが石川県の海に自生?!石川県七尾市の最北のイルカを紹介

slideshow1

日本一周をし、実際に日本の隅々を見た視点から、日本の穴場を紹介(7)という事で、今回は石川県能登半島七尾市能登島で出会った、最北の野生イルカを紹介します!!(写真は能登島観光協会から)

野生イルカが七尾湾に?

faci_dolphin_img01

2011年10月、私は日本海を北上し、石川県の能登半島七尾市にいました。そこで、旅館を経営する方と出会い、その方の旅館に泊めて頂きました。その際、旅館近くの七尾湾に野生のイルカが住み着いているという話を教えてもらい、七尾湾に行くと、最北の野生イルカ(ミナミバンドウイルカ)と遭遇することができました。

最北の野生イルカ(ミナミバンドウイルカ)?

暖かいところに生息する生物であるミナミバンドウイルカが冬には水温が15度を下回る石川という雪国に住み着いているのは珍しく、ミナミバンドウイルカの最北の生息地となっています。

また、定住海域として一年を通してこの海域に留まっていると言う事で、世界的にも珍しい北限のイルカということでした。最初2頭だった野生イルカも、現在は11頭生息しているという事です。

野生のイルカと泳げるような場所は日本には数少なく、その上、能登島では野生イルカと出会える可能性90%という事で、イルカスイムやイルカウォッチングツアーなど野生のイルカを見たり、一緒に泳いだり、貴重な体験をする事ができます。

能登半島能登島

faci_dolphin_topimg

そんな能登島は島の宝100景にも登録されていたり、のとじま水族館があったり、今回紹介した最北の野生イルカが生息していたりなど自然を感じ海を感じ楽しめる場所になっています。

まとめとして

能登島イルカ

能登半島から橋を渡り能登島に入るのですが、能登島に入ると味のある民宿やふぐやカキなどの海鮮、のどかな景色が広がっています。民宿で美味しい海鮮を食べたり、近くの水族館や海を楽しんだり、能登島以外の輪島などの近隣の観光地めぐりを楽しんだり、それらとセットで野生のイルカに出会いに行くのも良いのではないでしょうか。

私自身はイルカスイムはできませんでしたが、七尾湾のイルカが生息するスポットに連れて行ってもらい現れるのを待っていると、すぐにイルカたちが飛び跳ね海岸からでもイルカを眺めることができました。イルカに近づいてイルカを眺めたり一緒に泳ぐための船も出ているのでそれらを活用するのもおすすめです。

以上、日本一周穴場紹介7、石川県七尾市、能登半島能登島七尾湾最北のミナミバンドウイルカでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です