うとうとと睡魔が襲い道端で疲れ果て倒れこむ-日本一周旅まとめ15-

十五日目昼沼津

 

十五日目昼沼津

 

挑戦15日目。 伊豆三津シーパラダイス〜由比50Km。

伊豆脱出!疲労睡魔との戦い。疲れ果て雨に打たれながら道端で死んだように眠る。

日々の難関に打ち勝ち0からでも熱意を持って行動すればゴールできるのか?

あついゆうの所持金0円ママチャリ弾き語り日本一周旅まとめ!(2010/7/15)

 

「伊豆三津。 漁師のちよさんと男の魚料理。 日本一周15日目朝」

 

十五日目前日漁師飯

 

前日は、漁師のちよさんに泊めてもらい、ちよさんの漁師仲間と交流させてもらったり、漁でとれた魚をふるまってくれたり感謝だった。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10591055834.html

 

「伊豆三津。 出発! 日本一周15日目昼」

 

十五日目朝ちよさん 十五日目朝漁師飯

 

朝ちよさん宅を出発!出発前には漁師飯を作ってくれたり、差し入れをくれたり感謝でした!さすが、駿河湾の魚ということで美味しくいただきました!

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

 

「伊豆三津〜沼津港口公園。 伊豆脱出!! 日本一周15日目夕方」

 

十五日目昼沼津

 

伊豆を脱出し、沼津市の港口公園というところまで到着!この日も熱かったが、ようやく伊豆も終わり山道から平地になり体への負担は軽減。

 

雨もあったり、スタートして早々のがっつり連続山道だったのもありで手こずり、鎌倉を出て沼津までで15日もかかってしまいましたが、とてもいい出会いや経験が伊豆にはありました。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10591201267.html

 

「沼津港口公園〜沼津駅。 沼津の中心まで到着。 日本一周15日目昼過ぎ」

 

十五日目昼過ぎ沼津駅到着

 

昼過ぎには沼津駅に到着。神奈川で言う所の横須賀や平塚のような街でした。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

 

「沼津駅〜田子の浦。 サイクリングロードを行く。 日本一周15日目夕方」

 

 

十五日目夕方サイクリングロード

 

沼津の海岸線を進んでいくと、サイクリングロードがあり、海を眺めながら、心地よく快適に進んでいきました。

 

すると、日本一周の看板を見て話しかけてきてくれた方がいて、交流!日本一周の話を涙して聞いてくれ、とても熱い方でこっちも感動でした!!

 

その後もサイクリングロードを走っていくと田子の浦というところで終わる。田子の浦は工場地帯で海がとてつもなく汚かった!

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

 

「田子の浦〜富士駅。 平地は楽だ。 日本一周15日目夜」

 

田子の浦から5キロほど平地を進み、富士駅まで到着。平地は楽だ。こないだまでの伊豆と比べると天と地の差w

 

その後は、以前お世話になったプチホテルサンロードの女将さんが、プチホテルに伺った際に旅の事をブログで書いてくれ、それを見てくれて以来、応援してくれていた富士市在住のマキさんが連絡をくれ、富士駅で待ち合わせ。

 

待ち合わせの間、鞄整理などしながら待っていると、メガネがなくなっていることに気付く。わたくし結構目が悪いもので、焦る。wしかし、ちよさんのところに忘れていることに気付き、ちよさんに連絡したりドタバタ。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

 

「富士市内。 交流日和。 日本一周15日目夜」

 

十五日目夜富士駅

 

富士駅で待っていると、学生が応援してくれて交流したり、流星さんというブログを見てくれている方がこの日娘さんの誕生日だったにもかかわらず駆けつけてくれたりして交流!!感謝感動でした。

 

その後は、まきさんと吉原という富士市の繁華街で交流することになり移動!吉原に着くとまきさんと会社の方々と飲み屋で交流!

 

歌わせてもらったり、飲ませてもらったりして、めちゃ暖かい雰囲気の中、ワイワイ楽しく交流!別れの際は涙を流してくれたり感動でした。15人くらいの方々がみんなCDをゲットしてくれたり感謝感動でした。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10591952889.html

 

「富士市内〜由比。 疲れ果てて死んだように眠る。 日本一周15〜16日目深夜」

 

十五日目深夜道端

 

深夜12時頃お別れした後は、眠気でウトウトしてやばいながらも深夜3時ごろまで走り続ける。

 

しかし、さすがにこれ以上走るのはやばいなという状態になり、由比という町の下に走る国道一号と高速道路の間にある道で四時半くらいまで倒れこむように寝る。

 

一時間半くらいそこで寝て、起きると相当寒く、小雨も降っていて、体も汗で気持ち悪かったので、清水港まで走りました。

 

清水港には五時くらいについて、八時くらいまで洗濯物をしたりなど、コンディション最悪だったので、ゆっくりしました。w

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です