伊豆土肥を観光!温泉やら名所盛り沢山で最高!-日本一周旅まとめ13-

13日目夕方土肥

 

13日目夕方土肥

 

挑戦13日目。 宇久須〜土肥温泉14Km。

伊豆市に突入!伊豆越え間近。最後は伊豆の最高な温泉を満喫!

日々の難関に打ち勝ち0からでも熱意を持って行動すればゴールできるのか?

あついゆうの所持金0円ママチャリ弾き語り日本一周旅まとめ13!(2010/7/13)

 

「別れ。 宇久須。 日本一周13日目朝」

 

13日目朝別れ

 

二日間一緒に旅をした韓国から来たクァンさんと別れ。短い間だったけど一緒に色々経験できて、とても楽しい日韓交流になりました!

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10589224842.html

 

「出発 宇久須(松田さんのイチゴハウス)。 日本一周13日目昼」

 

色々してたら昼になっちゃったし、かなり暑くなっちゃったけど、降っていた雨も止み、松田さんのイチゴハウスを出発。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10589382052.html

 

「伊豆市突入 宇久須〜伊豆市。 日本一周13日目昼過ぎ」

 

13日目昼となりの農家

 

イチゴハウスを出発すると、となりの農家のおじさんが話しかけてきてくれて交流w一時間くらい位お茶をさせてもらいましたw

 

13日目昼すぎ恋人岬

 

その後は、本当に出発しまた山登り!途中には恋人岬。同行してくれていたでんちゅうと男二人で来ても悲しいだけだよななんて話しながらとりあえず観光。楽しいとかどうとかじゃなくて男女できたらよさそうな場所ですw

 

13日目昼過ぎ伊豆市

 

そして、伊豆市に突入!わりかしすぐ突入できて、いいペースで前進。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10589517603.html

 

「土肥温泉 伊豆市〜土肥。 日本一周13日目夕方」

 

13日目夕方土肥

 

恋人岬から土肥温泉まではほとんど下り坂で、爽快快適で、わりかしすぐに到着。

 

地元の高校生が話しかけてきてくれて交流したり、土肥にはギネスブックで世界一にも認定された花時計があったり、足湯があったり、町の規模も大きくないのでぐるっと温泉街を観光したりしました。

 

車などで土肥金山、恋人岬、黄金崎などとセットでいけば、1日いい感じのプランで観光できるなという感じでした。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10589608688.html

 

「土肥のライブバー 土肥。 日本一周13日目夜」

 

13日目夜ともさん

 

この後どうしようか土肥をぶらぶらしていると、ありがたいことに前日の居山さんが差し入れをもってかけつけてくれました。

 

その後も、ありがたいことに、土肥のライブバー(クレイジースポット)マスターともさんから連絡があり、ともさんの計らいでライブもやらせてもらえることになり、向かいました。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10590233414.html

 

「土肥クレイジースポットでライブ 土肥。 日本一周13日目夜」

 

13日目夜クレイジースポット

 

CRAZY SPOT 31に到着し、弾き語り。下手くそな歌をみんな真剣に聞いてくれ、嬉しい限りでした。その後もお客さん達と交流させてもらったり、ともさんが食事を作ってくれたり最高の時間でした。

 

また、日本一周の話をしていると、後で入って来たお客さんも音楽を聴きたいということで再度弾き語りをやらせてもらいましたw とても暖かい環境の中での弾き語りで、いい感じでやらせてもらえたので感謝でした!

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

http://ameblo.jp/netuino/entry-10590245420.html

 

「土肥温泉に入る 土肥。 日本一周13日目夜」

 

十三日目深夜温泉

 

お客さん達と話していると土肥の旅館で働かれている方がいて、温泉に入らせてもらえることに!露天風呂もある温泉で、土肥の温泉は雰囲気があるいい温泉だなと、旅行でも来たことがあったので改めて思わされました。

 

風呂から出て、帰りは歩いてライブバーまで帰ったのですが、夜風が気持ち良く、街の雰囲気も良く、オレンジのライトに照らされて、映画の中の世界にいるかのような最高な気分でした。

 

その後は、お店で寝かせてもらえることになり、ありがたく就寝。

 

こっぱずかしいですが、当時のブログはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です